農家です、最近ヒマが多くなっています。


by yoo7m66pdc
 日本たばこ産業(JT)は17日、火を使わず、煙が出ない「無煙たばこ」を、5月中旬から東京都内限定で発売すると発表した。

 タバコの葉が詰まったカートリッジをパイプに取り付けて吸うもので、においもほとんどしない。受動喫煙の心配もなく、肩身の狭い思いをしている愛煙家の間で評判となりそうだ。反応を見ながら、全国に販売を拡大するか検討する。

 商品名は「ゼロスタイル・ミント」。パイプとカートリッジ2本入りで300円。詰め替え用カートリッジは4本400円。長さは普通のたばことほぼ同じ約8センチで、1本で半日から1日は持続する。

 新製品は、歯茎などにタバコの粉末をつけて香りなどを楽しむ「かぎたばこ」に分類され、発表によると、ニコチンの吸収量は、JT製品の中で最も少ない製品の20分の1程度。JTによると、国外では、タバコの葉を直接かむ「かみたばこ」や、かぎたばこが広く普及しているが、国内の普及率は「ほぼゼロ」(JT広報部)という。

 受動喫煙を巡っては、神奈川県の「受動喫煙防止条例」が来月から施行されるほか、厚生労働省も今年2月、不特定多数の人が利用する施設を原則、全面禁煙とするよう求める通知を都道府県などに出している。しかし、かぎたばこは、厚労省、神奈川県ともに、「他人にたばこの煙を吸わせない」として、規制の対象外。記者会見したJTの小泉光臣副社長は「様々な場所で吸えるため、喫煙者の不便を解消できる」とアピールした。 

入居者介護中に出火か=一時ストーブから離れる? −グループホーム火災・道警(時事通信)
<雑記帳>刑務所キャラ「わかP」が即売会を応援 和歌山(毎日新聞)
自民執行部、沈静化に躍起…鳩山邦夫氏離党(読売新聞)
<山岡国対委員長>外国人選挙権法案は今秋以降に先送り(毎日新聞)
仏像展示中止、新潟市長が文化庁に再考求める(読売新聞)
[PR]
# by yoo7m66pdc | 2010-03-20 19:10
 奈良県桜井市で5歳男児が餓死した事件で、死亡した吉田智樹君の体に大小合わせて約30カ所のあざや傷跡があったことが17日、捜査関係者への取材で分かった。母真朱容疑者(26)=保護責任者遺棄致死容疑で逮捕=は「妹が生まれた3年ほど前から、息子をたたいたりするようになった」と供述しており、県警捜査1課などは、同容疑者が長期間、日常的に暴行を加えていた疑いがあるとみて捜査している。
 捜査関係者によると、確認されたあざなどは、既に治った跡も含めると30カ所以上。額には机の角にぶつけたような切り傷もあった。あざの中には色素が沈着し、かなり前にできたとみられるものもあったという。 

【関連ニュース】
「死ぬかもと思った」=逮捕の母供述
逮捕の両親、鑑定留置=次男に食事与えず死亡
知人男に懲役1年=押尾被告に麻薬譲渡
夫への不満から虐待か=妻が供述、夫婦生活でストレス
父「食事、息子は別」=妹生まれた3年前から

全日空 B787の整備士養成訓練公開 今秋納入の新型機(毎日新聞)
政治主導法案、月内成立は困難=与党、子ども手当など最優先(時事通信)
「ヨガ教師受け入れて」 日印EPA交渉(産経新聞)
捕鯨船侵入方法など本格聴取=シー・シェパードの容疑者−海保(時事通信)
<セクハラ>東大の30代准教授を諭旨解雇(毎日新聞)
[PR]
# by yoo7m66pdc | 2010-03-18 20:37
 15日に自民党離党を表明した鳩山邦夫元総務相は一夜明けた16日午前、改めて新党結成への強い意欲をみせ、連携の相手として与謝野馨元財務相、舛添要一前厚生労働相のほか、無所属の平沼赳夫元経済産業相も挙げた。

 鳩山氏は16日午前、都内の自宅前で記者団に対し、「平沼氏とは7割、8割以上は向かっている方向が一緒だと思う。大いに話し合っていきたい方だ」と表明した。与謝野、舛添両氏への働きかけには「とにかく一つのグループを作ることができればという思いで、縁の下の力持ちでもいいからやりたい。それが国家に対する最後のご奉公だろう」と述べた。

 与謝野氏は都内の自宅前で記者団に対し「今の自民党に非常な危機感を持ち、自分の信念で離党したわけだから、鳩山邦夫さんとしては政治家として重大な決断をしたと評価する」と語った。ただ、離党の可能性には「すべては話を聞いてからだ。何も考えないでいるから」と明言を避けた。与謝野氏は午後、鳩山氏や幹事長代理を辞任した園田博之衆院議員らと都内で協議する。

 舛添氏は国会内で記者団に対し「何も決めていない。政治情勢でどうなるか分からない」と、当面は党内情勢などを慎重に見極める意向を重ねて示した。

 谷垣禎一総裁は自民党役員会で、鳩山氏について「党内で議論があるのは結構だが、時期を明示して新党を結成するのなら、けじめが必要だ。残念だがやむを得ない」と述べた。

 一方、衆院当選1、2回約10人の議員が党本部に急きょ集まり、党内の結束を呼びかけた。

【関連記事】
山岡氏、鳩邦“政界再編”に「民主からは1人も…」
鳩山邦夫氏、自民執行部に冷や水 「強力野党」見切り発車
新党へ急加速「自民党の終わりの始まり」
坂本龍馬になれたら本望 離党の鳩山邦夫氏
自見幹事長、鳩山邦夫氏との“友情”に期待
20年後、日本はありますか?

ウィーン少年合唱団で性的虐待か(スポーツ報知)
<普天間移設>「日米交渉は岡田氏が主役」防衛相(毎日新聞)
<インフルワクチン>来季は季節性と新型の3種混合に(毎日新聞)
「三原則への思い、欺いた」=密約存在に遺憾表明−長崎市長(時事通信)
関西空港 出国エリア改修工事が完成 1.5倍に拡張(毎日新聞)
[PR]
# by yoo7m66pdc | 2010-03-17 06:21
 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題で、平野官房長官が米軍ホワイトビーチ(同県うるま市)の沖合を埋め立て、滑走路を建設する案を検討していることが5日、明らかになった。

 政府内では北沢防衛相を中心に米軍キャンプ・シュワブ陸上部(同県名護市など)を推す声も強く、関係閣僚の間で意見集約が難航する可能性がある。

 ホワイトビーチと沖合の津堅(つけん)島の間は水深が浅いため、埋め立てが比較的容易だが、過去の日米協議では、地元自治体の反対などで頓挫している。政府は、キャンプ・シュワブ沿岸部に移設する現行案について、「環境を破壊する」と否定的な立場を取ってきただけに、ホワイトビーチ沖合案を代替案とするのは説得力に欠けるとの見方もある。

<訃報>佐伯旭さん92歳=元シャープ社長(毎日新聞)
迫るトラック、友人が背中を押し 「自分を救ってくれたと思う」(産経新聞)
与謝野氏の辞任要求、「谷垣降ろし」誘発も(読売新聞)
シー・シェパード活動家を逮捕へ=東京港到着の捕鯨船内で−艦船侵入の疑い・海保(時事通信)
<トキ>2次放鳥の雄と雌が「疑交尾」 繁殖に期待高まる(毎日新聞)
[PR]
# by yoo7m66pdc | 2010-03-13 08:18
 セメントに混ぜる骨材を砂利からプラスチック繊維に代えることで、阪神大震災(95年)の1.5倍の巨大な揺れでも壊れないコンクリート橋脚が造れることを、防災科学技術研究所(茨城県つくば市)と東京工業大が実験で確かめた。震災では阪神高速道路の高架が横倒しになり、現在は鉄板などで補強しているが、さび防止の塗装などが必要。プラスチック繊維を使う方法なら水中でのコンクリート建造物にも有効だ。

 通常のコンクリートはセメントと砂、砂利を混ぜる。東工大の川島一彦教授(耐震工学)らは、砂利の代わりに、衣装ケースなどの原料となるポリプロピレン製繊維(長さ1.2センチ、太さ0.03ミリ)を1.5%の割合で混ぜて、実物大の橋脚(高さ7.5メートル、太さ1.8メートル)を造った。

 川島教授らは、この橋脚を同研究所の震動台「E−ディフェンス」(兵庫県三木市)で実際に揺らす実験をした。阪神大震災時にJR鷹取駅(神戸市)で記録された揺れと同じ強さで3回、さらに1.5倍の揺れで3回揺らしたところ、10本以上の細かいひびが入ったが壊れなかった。繊維を混ぜることでコンクリートにねばりが生まれ「引っ張り強度」が増したためという。

 プラスチック繊維を使うと従来より高価で粘度が高く扱いにくい欠点もあるが、川島教授は「量産化すれば価格も下がり、巨大地震でも倒壊しない橋を造ることができる」と期待している。【野田武】

【関連ニュース】
皇太子さま:雅子さまは「着実に快復へ」50歳会見(3)
五輪スノーボード:神戸に恩返し 震災被災の家根谷選手
チリ地震:「阪神以上の揺れ、正直怖かった」日本大使館員
大相撲春場所:第2新弟子検査、8人が受検…向井、福岡ら
ハイチ大地震:「日本の経験を伝えて」…国連防災担当

京都府警 世界遺産周辺の組事務所開設厳禁 条例を提案へ(毎日新聞)
新任女性教諭の自殺、公務災害と逆転裁決(読売新聞)
青森県知事「検討を始める」=放射性廃棄物の受け入れで(時事通信)
<慰安婦訴訟>中国人女性の上告棄却 最高裁(毎日新聞)
会計担当、資金一手に管理=小林氏陣営、外部のチェック入らず―政党支部や後援会も(時事通信)
[PR]
# by yoo7m66pdc | 2010-03-11 09:28